【西宮市版】外壁塗装の成功は色の選び方!外壁塗装業者ガイド » 初心者のための外壁塗装色選びガイド
 

初心者のための外壁塗装色選びガイド

色選びの重要性について

外壁塗装の色選びで失敗すると、やり直しがきかないので外壁塗装の寿命と言われる10年ほどその色で我慢しなければならなくなります。

今までと同じでは代わり映えしないから面白くないと、大胆に色を変えてしまって後悔する人が少なくないのが外壁塗装工事。

そこで今回は外壁塗装工事を依頼する際に気をつけたい色選びのポイントについて解説していきます。

色選びのポイント

色の特性について理解する

色選びのポイントは、色の特性について理解することです。この色の特性について理解するとは、たとえば白・黒を外壁に使うと汚れが目立ってしまうということです。

一般の住宅外壁では経年劣化とともに汚れがつくので、汚れが目立ちにくい色を選んだ方がベター。また原色系(赤・青)は経年劣化で色褪せし古ぼけた印象が強くなってしまいます。

もし、それで原色系の塗装にするならば、定期的な清掃や10年より短いサイクルでの塗り替え・塗り直しをする覚悟が必要です。このことに加えて原色系の色を選ぶときは周囲の景色と調和せず、浮いてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

外壁塗装で人気の色はどれ?
人気色ランキングをチェック

景観ガイドラインに沿った色か確認する

さらに自宅の立地が景観ガイドラインによって外観の色について規制されていないかを確認しておきましょう。特に京都ではこの景観ガイドラインの影響が大きく商店だけでなく個人宅も対象となっています。

もちろん塗装業者のほうが詳しく把握しているので、塗装が完了してから塗り直しになることはないと思いますが、色選びの段階で自身でも把握しておいた方が選び直す手間がかからず良いでしょう。

住宅塗料メーカーの色見本で選ぶ

実際に色選びをするときは、外壁塗装業者に色見本手帳を見せてもらうことになります。色見本手帳は日本塗料工業会が作成しているのですが、注意したいのはこの色見本のすべてが外壁の色に相応しいわけではないこと。

そのため大きな失敗をしたくなければ、住宅塗料メーカーが作成しているカラーサンプルで選んだ方が良いでしょう。カラーサンプルがあれば、ある程度の住宅塗装の傾向をカバーしているので、色見本手帳で選ぶより参考になるでしょう。

塗装前に完成後のイメージが分かる!
カラーシミュレーションの効果をチェック

色には面積効果があることを理解する

色見本があるとイメージをしやすくはなりますが、そのときに面積効果が働いていることを理解しておきましょう。面積効果とは色見本では濃く見えた色が実際に外壁に塗ると薄く見えてしまう現象です。

色は大きな面積になると色が薄く明るく見える、色が鮮やかに見える、色合いが強調されて見えるなどの特徴があります。この特徴を把握したうえで、色見本を見て可能であればA4サイズの色見本を借りて色の確認をするといいでしょう。

確認をするときは屋内ではなく、屋外で時間帯をずらして色見本を見てみましょう。なぜなら自然光で見る色と蛍光灯に照らされている色見本では違って見えるからです。

外壁塗装の色選びについてまとめ

外壁塗装の準備はおよそ10年。色選びに失敗してしまうと、長い期間後悔するでしょう。塗装色は見本を確認して、色合いなどもよく検討するべきです。また景観ガイドラインや周囲の家との調和を考えて外壁の色を選ぶようにしましょう。

実際の外壁塗装の施工事例を見てみる

理想の外壁塗装を叶える業者選び

外壁塗装で失敗しないためには、塗装前に完成した外壁色を具体的にイメージしておくことが肝心です。理想の外壁塗装を叶えるための事前準備と業者選びのポイントをしっかり抑えて、新築時のような輝きを取り戻しましょう!

外壁塗装会社(西宮市編)

あやせホーム

ペイントウォール

プロタイムズ

RIRSIA

住まいるペイント

ペイント工房

タルイ塗装

ペイント一番

ブレイヴ

アテックスデザインワークス

リメイクハウス

カーザ・ヴィータ

匠アーキテクトエンジニア

武富塗装店

ベストペイント

初心者のための外壁塗装色選びガイド

依頼する前に知っておきたい!外壁塗装と塗料のハナシ

初心者必読!外壁塗装で良く起きるトラブル原因と対策

西宮市の外壁塗装に関する補助金制度

サイトマップ

Copyright (C)色選びで失敗しない!外壁塗装会社の選び方【西宮市版】 All Rights Reserved.