【西宮市版】外壁塗装の成功は色の選び方!外壁塗装業者ガイド » 依頼する前に知っておきたい!外壁塗装と塗料のハナシ
 

依頼する前に知っておきたい!外壁塗装と塗料のハナシ

外壁塗装を依頼する前に「外壁材」と「塗料」の種類について知っておきましょう。

外壁は外壁材と塗料の合わせ方で外壁の寿命は変わってきます。そのためには外壁材と塗料について知っておく必要があります。

塗装についての知識があれば10年、20年先のメンテナンスを考えた外壁材・塗料選びが可能となります。

塗料の種類について

外壁塗装で使用される塗料の主成分はいずれも合成樹脂で、そこに含まれる物質によって完成時の見た目や耐久年数が異なってきます。リーズナブルな価格はアクリル系の塗料です。

ただし、耐用年数が短いのでこまめな塗り替えが必要となります。ウレタン塗料はアクリル系塗料よりは防水性と耐久性に優れています。

しかし、仕上がりの良さではシリコン系塗料に劣ります。シリコン系塗料はウレタン系塗料より耐久性、耐候性、仕上がりの良さを上回ります。

外壁塗装に使われる塗料の種類を詳しく調べる

塗膜の下でヒビ割れが起きても、防水性を損なわないのがシリコン系塗料の特徴。耐用年数も長くて人気のある塗料です。

この塗料の名称は塗料の耐久性を決める合成樹脂の名前で決まっています。しかし、例外となる塗料もあります。

たとえばラジカル制御系塗料は、ラジカル合成樹脂が含まれているわけではありません。ラジカルとは塗料の成分が太陽光を吸収することによって発生する物質。このラジカルが塗膜の劣化原因となるのです。

このラジカル発生を抑制する物質をハルスと言うので、ハルスハイブリッドやハイブリッド塗料とも呼ばれています。

外壁材の特徴

外壁材には、

主に3つの役割があると言われております。この外壁材にも種類がたくさんあり、現在新築で多く用いられているのはサイディングと呼ばれる壁材です。

外壁材の特徴について詳しく調べる

サイディングとは外壁の表面に仕上げとして固定する板のことを指します。表面に固定する板であるサイディングですが、材質によって「窯業系」「金属系」「木質系」と分類されます。

この中でセメントに繊維質や無機物などを混ぜて作ったサイディングを窯業系サイディングと呼びます。

このサイディングはタイル調、石積長、レンガ調、コンクリート調といろいろな風合いを楽しむことができます。

まとめ

外壁材・塗料には種類がありそれぞれ値段や特徴が異なります。

どちらも適正価格を事前に調べておけば、悪徳な業者に騙されることはないでしょう。すべてを業者任せにするのではなく、ある程度自分で調べておくことが大切です。

費用も大きくかかり、施工後の寿命も長いのでしっかりと調べて決めましょう。

理想の外壁塗装を叶える業者選び

外壁塗装で失敗しないためには、塗装前に完成した外壁色を具体的にイメージしておくことが肝心です。理想の外壁塗装を叶えるための事前準備と業者選びのポイントをしっかり抑えて、新築時のような輝きを取り戻しましょう!

外壁塗装会社(西宮市編)

あやせホーム

ペイントウォール

プロタイムズ

RIRSIA

住まいるペイント

ペイント工房

タルイ塗装

ペイント一番

ブレイヴ

アテックスデザインワークス

リメイクハウス

カーザ・ヴィータ

匠アーキテクトエンジニア

武富塗装店

ベストペイント

初心者のための外壁塗装色選びガイド

依頼する前に知っておきたい!外壁塗装と塗料のハナシ

初心者必読!外壁塗装で良く起きるトラブル原因と対策

西宮市の外壁塗装に関する補助金制度

サイトマップ

Copyright (C)色選びで失敗しない!外壁塗装会社の選び方【西宮市版】 All Rights Reserved.