【西宮市版】外壁塗装の成功は色の選び方!外壁塗装業者ガイド » 依頼する前に知っておきたい!外壁塗装と塗料のハナシ » 外壁塗装における外壁材の特徴

理想の外壁塗装を叶える業者選び

外壁塗装で失敗しないためには、塗装前に完成した外壁色を具体的にイメージしておくことが肝心です。理想の外壁塗装を叶えるための事前準備と業者選びのポイントをしっかり抑えて、新築時のような輝きを取り戻しましょう!

外壁塗装会社(西宮市編)

あやせホーム

ペイントウォール

プロタイムズ

RIRSIA

住まいるペイント

ペイント工房

タルイ塗装

ペイント一番

ブレイヴ

アテックスデザインワークス

リメイクハウス

カーザ・ヴィータ

匠アーキテクトエンジニア

武富塗装店

ベストペイント

初心者のための外壁塗装色選びガイド

依頼する前に知っておきたい!外壁塗装と塗料のハナシ

初心者必読!外壁塗装で良く起きるトラブル原因と対策

西宮市の外壁塗装に関する補助金制度

サイトマップ

外壁塗装における外壁材の特徴

外壁材の役割

外壁材の役割は主に3つあります。

その1 外観の美観を維持

むき出しの板や塗り壁では美しくないですよね。色合いやデザインに優れた外壁のほうが見ていて気分がよくなります。外観の雰囲気やデザインは、外壁材の種類や塗装で大きく変えることができるのもの特徴です。

その2 住宅の保護

外壁には住宅内を雨風や熱気・冷気、太陽光(紫外線)などから守る役割があります。また地震といった災害から家を守る役割も果たしています。

その3 室内環境の調整

3つめの役割として外からの敦也さ寒さから守ると言った主旨のことをお伝えしましたが、室内の温度を調整する機能もあります。また外からの騒音をシャットアウトし、静かな空間を作り上げるのも役割の1つと言えるでしょう。

カラーシミュレーションにこだわる西宮市の外壁塗装会社をチェック

外壁材の種類・特徴

外壁材には種類がありますが、日本の新築戸建で利用されるケースが多いのが窯業系サイディング。他に金属サイディング、アルミサイディングがあります。

このサイディングというのは、外壁の表面に仕上げとして固定する板のことを指します。サイディングの製法によって起きやすい劣化も異なってきます。

窯業系サイディングではコーキングの劣化、サイディングボードの反り、チョーキング現象(壁を触わると手に粉が付着する現象)、ひび割れや剥がれが起きやすい特徴があり、金属系サイディングは塩害によるひび割れや剥離が起きやすいです。

外壁の外観や機能を保つために

外壁は風雨や直射日光にさらされて劣化していきます。劣化を遅らせるために必要なのは定期的な手入れが必要になります。

日本の戸建ての多くは窯業系サイディングが多くのシェアを占めていると紹介しました。この窯業系サイディングの、耐久年数はおおよそ30年~40年。

しかし、メンテナンスをしなければこれほど長持ちしません。また窯業系サイディングの弱点は防水性と言われています。

防水性が弱い点を塗装でカバー

この弱点をカバーする方法は塗装することでカバーできます。ただし、正しい時期に外壁塗装を行わないと外壁の寿命を縮めてしまうことになります。

前回いつ施工したか、塗料の種類によっても塗装の寿命は異なってきますがおおよそ10年が目安となります。

10年経過していなくてもひび割れがあったり、塗料が剥がれていたり、塗装に膨らみがあったりする場合は見つけた段階でなるべく早くに塗装を検討した方が良いでしょう。

外壁塗装に適した季節

外壁塗装に適した季節は、塗装のときに何を重要視するかによって変わってきます。外壁塗装の工事を短期間にスムーズに終えたいと考えているなら塗料が乾きやすく作業がしやすい3月~5月か雨が少ない11月が良いでしょう。

作業が安くなる閑散期に当たるのは2月と8月と言われています。お住まいの地域によって異なってくるので、見積もりの段階で業者に相談してみることをおすすめします。

Copyright (C)色選びで失敗しない!外壁塗装会社の選び方【西宮市版】 All Rights Reserved.